自立支援給付費債権を現金化できるファクタリング

自立支援給付費債権は障害者の自立を促し、個人の状態に適したサービス提供を目的とした社会保障です。


介護支援用の介護給付費、自立や就労に向けた訓練助成用の訓練等給付費、車椅子や義肢等の購入や修理用の補助具費、医療費があり、その他にも相談受付や配食サービス等が自治体の地域生活支援事業で実施されます。但し自立支援給付費債権は請求してから実際に支給されるまで2ヶ月程かかるので、その間に人件費等で急な資金が必要になった場合事業者は即座に対応できない事態が生じますが、このような時に有効な手段がファクタリングという業務サービスです。

話題になっているファクタリングの評判の声をいただいています。

ファクタリングは商取引で発生する売掛金債権を専門業者に譲渡することで支払期日前に現金化できるシステムで、企業間だけでなく介護や医療業界からも借入金が発生しない早期資金調達方法として注目されています。



自立支援給付費債権は国が支給する社会保障費、つまり支払いが確約されている債権なので一般的な売掛金の不安要素である貸倒れリスクが発生しません。

その特徴から確実に回収できる優良債権として扱われ、審査や契約も短期間でスムーズに行われる傾向があります。
債権者(介護施設事業者等)と債権譲渡契約したファクタリング業者は買取り代金を支払い、期日に国民健康保険団体連合会から支払われる自立支援給付給費債権を回収します。
またファクタリングは診療報酬にも同様に買取りによる早期資金化サービスを提供しています。